きんかんは小さいけれど、たくさんの栄養が詰まっているのです!
きんかんのパワーをご紹介いたします!

まず、きんかんには、食物繊維がたくさんあります。
皮や果肉の袋など歯ごたえのあるところの多くは、食物繊維です。

食物繊維には、水溶性食物繊維と、不水溶性食物繊維がありますが、きんかんには2つとも同じ量ずつ含まれています。

水溶性食物繊維には、血糖値上昇の抑制、高脂血症の予防の効果があり、不水溶性食物繊維には、便秘、痔疾の予防や軽減をし、さらに大腸ガンの予防効果もあるといわれています。

特に、便秘には健康的なキンカン酒が良いですよ!

 

皆さん、「きんかん=風邪の時に食べる果物」という方程式ができている方も少なくないかと思いますが、まさにその通り!

「風邪がはやるときんかんが売れる」と言われる程、きんかんって、風邪予防にとっても良いんです!古くからきんかんは漢方薬として用いられてきました。

それは、きんかんは皮ごと丸ごと食べられる、珍しい果物。
果実の皮には、ビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCは、疲労回復や、風邪の予防に良いのは皆さんよくご存知かと思われます。
きんかんのすごいところは、そのビタミンCの吸収を助けるヘスペリジンという栄養素も含まれていること!
なので、ビタミンCを効率よく働かせることができるのです。

また、のどのイガイガにも良いのです。

きんかんはまさに「風邪の民間薬」!!風邪をひいたときはきんかんを食べてみると良いですね!

 

きんかんには他にもたくさんの栄養素が含まれています。

・カルシウム
カルシウムの含有量は、果物の中でトップクラスです!
骨の強化、イライラを鎮めてくれますよ♪

・ヘスペリジン
ビタミンCの働きを助けるヘスペリジン。
他にも、毛細血管を強くし、高血圧や動脈硬化にも効果的!

・ビタミンE
抗酸化作用がありますので、肌のシミ、シワなどの老化予防に効果があります。また、不妊治療に効果的!!

他にもたくさんの栄養素が入っています。

健康のために、きんかんを!!

 

成分  きんかん     温州みかん
エネルギー(kcal) 71.0 46.0
水分(g) 80.8 86.9
たんぱく質(g) 0.5 0.7
脂質(g) 0.7 0.1
炭水化物(g) 17.5 12.0
食物繊維(g) 4.6 1.0
水溶性食物繊維(g) 2.3 0.5
不水溶性食物繊維(g) 2.3 0.5
廃棄量(%) 6 20
ビタミンE(mg) 2.6 0.4
ビタミンB1(mg) 0.10 0.10
ビタミンB2(mg) 0.06 0.03
葉酸(μg) 20 22
ビタミンC(mg) 49 32
カリウム(mg) 180 150
カルシウム(mg) 80 21
マグネシウム(mg) 19 11
鉄(mg) 0.3 0.2
マンガン(mg) 0.11 0.07

※文部科学省『五訂増補 日本食品標準成分表』による。